ダッチウエストロゴ写真

ダッチウエストストーブ写真

ダッチウエスト <アメリカ>

ダッチウエスト <アメリカ>

世界最先端の燃焼技術と存在感を放つ薪ストーブ

コンソリデーテッド・ダッチウエスト社は、1974年にブルース・マッキニーらがアメリカ東海岸で創業しました。
鋳鉄の表面に凹凸をつけることで表面積を広げ、その分ストーブを小型化させ、さらにストーブを完全な密閉型にすることで、一度の薪で一晩中、熱を出し続けることを実現しました。
分離された灰受専用のドアと灰受け皿などはダッチウエストが最初に発明しました。

ダッチウエスト創業者ブルース・マッキニー

ダッチウエスト創業者
ブルース・マッキニー
1974年にアメリカ東海岸でDUTCH WEST(ダッチウエスト)社を創業。

世界初キャタリティックコンバスターを搭載

煙を燃焼させやすくする「キャタリティックコンバスター」という触媒を利用する技術を取り入れることで、煙が低温状態で燃焼できるようにしました。
通常、600℃以上にならないと燃えない煙が、触媒を通ることで、220℃の温度で煙突を抜ける前に燃焼させることに成功しました。
この効果で、煙は90%もクリーンになり、薪の消費量も抑えられました。

キャタリックコンバスター写真

キャタリックコンバスター
煙とレアメタルが反応することで220℃で煙が燃焼する。
−燃焼効率が50%アップ
−薪消費量を25%節約
−煙を90%燃焼

ダッチウエストの特徴

サイドドア写真

サイドドア

サイドドアから薪が入れられることで体に受ける熱を和らげる。灰の散らかりも少なく、長い薪の追加に便利。

バイパスダンパー写真

バイパスダンパー

最初の着火が簡単にでき、ダンパーを閉めることで煙の流れを変え、再燃焼を促すことができる。

灰受皿専用ドア写真

灰受皿専用ドア

独立した部屋に灰受皿があり、たくさんの灰を簡単に捨てることができる。

リバーシブルフルーカラー写真

リバーシブルフルーカラー

煙突を差し込むフルーカラーは、上方後方のどちらにも接続できるように設計。住環境に合わせて煙突の向きを変えることが可能。

ダッチウエストの薪ストーブ

フェデラルコンベクションヒーター

フェデラルコンベクションヒーター

キャタリティック燃焼方式

世界初のキャタリックコンバスターを搭載し、クリーンな排気と高い暖房力を発揮する不動の薪ストーブです。
とことん使いやすさを追求した高い利便性も魅力。
輻射熱と対流熱の複合システムでお部屋の隅々まで暖めます。
S / L / extra L の3サイズがございます。

¥320,000(税別)〜

一覧を見る

エンライト

エンライト

リーンバーン燃焼方式

煙を希薄燃焼させるリーンバーン燃焼システムの採用で、少ない薪で長時間高温を保てます。
コバルトと他の金属が融合した日本限定カラーの藍黒色の「バーモントナイト」は、多少の衝撃では欠けることのない堅牢さを誇ります。
S / M / L の3サイズ、カラーはクラシックブラック/バーモントナイトの2色がございます。

¥360,000(税別)〜

一覧を見る

セコイア

セコイア

キャタリティック燃焼方式

フェデラルコンベンションヒーターの高性能スペック版。
本体底面から吸い上げられた冷えた空気は、三次燃焼室に隣接した最も高温である空間を通って吹き出し、驚くほどの早さで部屋を暖めます。
モダンなデザインを施した、ハイクオリティな薪ストーブです。

¥450,000(税別)

詳細を見る

プリマス

プリマス

クリーンバーン燃焼方式

伝統的なデザインを取り入れた、シガータイプの最高傑作。
本体側面には「麦の穂」のレリーフが刻まれています。
そのレリーフの下地には細かな凸凹が押し型がされており、この凸凹により本体の表面積を増やし、室内に熱を伝える放熱面積を約40%も大きくしています。

¥220,000(税別)

詳細を見る