フランシスへのお問い合わせ

商品カテゴリー

薪ストーブの使い方 薪ストーブの燃焼方式について
薪・燃料について
薪ストーブ設置プランと施行について
薪ストーブ・火の付け方
薪ストーブの燃料作成・薪割斧について
薪ストーブでの煙突の重要性
薪ストーブメンテナンスについて
煙突掃除のご案内
薪ストーブ、煙突の交換・リフォームについて
薪ストーブ設置までの流れ
薪ストーブ用語集

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

ペレットストーブとは,千葉,薪ストーブ

ペレットストーブは100%自然木から作った燃料で国内各地で生産され始め、注目を集めている木質バイオ燃料です。

国土の7割が山でありながら森林の荒廃が深刻化する中、国や自治体が積極的に生産と使用を推進しています。
薪と同じようにカーボンニュートラルとして考えられております。リサイクル,千葉,薪ストーブ

植物が育つ時には空気中のCO2を吸収しながら光合成が行われ、
CO2 + H2O + 太陽エネルギー → 〔CH2O〕 + O2 となり、
これが燃焼する時には、
〔CH2O〕 + O2 → CO2 + H2O + 熱エネルギー となります。

重要なのは、この2つの式が完全に循環しているということです。
燃焼する時にはCO2は出しますが、これは原材料の木や草が育つ時に吸収したCO2ですから、化石燃料のように一方的にCO2を排出するのと違い、自然の循環の中ではCO2排出はゼロといえます。

森林を守るために間伐された木や枝も、そのまま山に放置しておけば、CO2を出しながら腐食していくだけです。山の木々も、代謝のいい若い木が育つ環境がなければ山を再生していけません。
また、大木は二酸化炭素をあまり吸収しません。伐採して、植林することで二酸化炭素を固定化することができるのです。


燃やしても窒素酸化物や硫黄酸化物を殆ど出さないクリーンなエネルギーという点からいっても、薪やペレットという形できちんと循環させていけば、まさに理想のエネルギー源として利用し続けることができます。

ストーブとしての仕組みは、薪ストーブとはかなり異なります。ストーブを炎の工芸品と呼びますがペレットストーブは炎の精密機器といったところ。タイマー、温度設定、火力調整などの設定が可能。大容量の燃料ストック室を内蔵しているので長時間、何も手を掛けずに燃焼させ続けることができます。ペレットの投入時間や量・速度・ファン等を制御することで室温を一定に保ち、燃料コストも軽減できます。

しかも、Fransisiがお勧めしているペレットストーブはそのデザイン、色、質感、そして性能のどれをとっても最高の製品です。

 

薪ストーブと比べると、双方に良い点があり劣るところがあります。

お客様が暖房+何を求めるのかによって選択肢がかわるでしょう。

まずは私たちにお話を聞かせてください。


Google+
google+

Yahoo!ブックマークに登録 フランシススタッフブログ
補助金について
薪ストーブと癒しの関係
計画停電対策
プロの煙突掃除
メディアリンク フランシス
オーナーズクラブ 薪ストーブ フランシス
地震が来たら点検をしましょう。
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引に関する法律

ログイン

このページのTOPへ
Google+Copyright(C)2011 fransis.jp All rights reserved.
このサイトに記載されているコンテンツの無断複製、無断転載を禁じます。