フランシスへのお問い合わせ

商品カテゴリー

薪ストーブの使い方 薪ストーブの燃焼方式について
薪・燃料について
薪ストーブ設置プランと施行について
薪ストーブ・火の付け方
薪ストーブの燃料作成・薪割斧について
薪ストーブでの煙突の重要性
薪ストーブメンテナンスについて
煙突掃除のご案内
薪ストーブ、煙突の交換・リフォームについて
薪ストーブ設置までの流れ
薪ストーブ用語集

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

薪ストーブ 使い方

既にお持ちの方も、これから使いはじめる方も参考になれば幸いです。

薪ストーブの着火

薪ストーブ使い方・着火,千葉,薪ストーブ
  • ・吸気レバーを全開にしましょう。空気が無ければ火は燃えません。
  • ・ダンパー付きの場合はダンパーを開けます。
  • ・新聞、杉の葉、松ぼっくり、着火剤などと乾燥した細い燃料を入れます。
  • ・着火しましょう。そしてドアを締めますが数ミリ隙間をあけましょう。(ぴったり閉めると上手くつかないことがあります。)
  • ・木っ端に火がついたら徐々に燃料を太くしながら追加しましょう。(最初から入れておいてもOKです。
  • ・火が消えないようであればドアを締めましょう。

着火方法は此方からもご確認いただけます。

巡航運転から消火

薪ストーブ使い方・巡航運転,千葉,薪ストーブ

  • ・ストーブの説明書に書いてある最適な温度帯に温度計が針を刺すように薪を追加しましょう。この時点では細かいほうが早く温度があがります。
  • ・最適温度帯になったらダンパー付きのストーブはダンパーを締めましょう。
  • ・吸気も温度を見ながら調整しましょう。
  • ・燃料を追加するときは、ダンパーや吸気を全開にしてからユックリあけましょう。しめたままの場合室内に煙が入ることがあります。
  • ・十分に温度が上がった状態で細い薪などは入れないようにしましょう。(温度が上がりすぎて破損変形の原因となります。温度を上げたいときは形状や大きさに気をつけて追加投入しましょう。)
  • ・お出かけや就寝時には空気を絞りましょう。
  • ・消火は燃やし尽くすことで完了しましょう。「熾」おきなどをストーブの外に出すことは大変危険です。

日々のメンテナンス

  • ・ガラスはストーブが冷めている時に清掃しましょう。
  • ・ハイの利用・木灰は強アルカリです。畑など土壌改良にご利用できます。また、ガラスの清掃にも有効です。ちょっと濡らした布に灰をつけて軽くガラスを拭けば綺麗になります。
  • ・錆をみつけたら錆を落として耐熱塗料で塗装かポリッシュをつかいましょう。
  • ・灰は3cm程度炉内に積もるようにしましょう。

年1の定期メンテナンス

  • ・最低でも年に一度煙突掃除をしましょう。
  • ・建物貫通部の雨侵入経路の防水チェックをしましょう。
  • ・ガスケットなど本体の密閉度のチェックをしましょう。
  • ・動作部分が動くかチェックしましょう。

その他

  • ・ストーブ内でのお料理でついた油などは燃え尽きるので心配有りません。
  • ・薪はユックリやさしく入れましょう。投げ入れたり、無理に入れると破損の原因になります。
  • ・薪を入れるときドアに腕を付けてやけどが多いので気をつけましょう。
  • ・薪ストーブは焼却炉ではありません。大量の書類など燃やすと長時間低温燃焼による変形の原因となります。
  • ・不安なときは専門業者に聞きましょう。

フランシスでは、施工完了試運転時にお客様と一緒に一つ一つチェックしながら設置確認、試運転をしております。

過去に取り付けたが施工業者と連絡がつかないなど御座いましたら遠慮なく弊社をご利用下さいませ。

薪ストーブお問い合わせ,千葉,薪ストーブ

Google+
google+

Yahoo!ブックマークに登録 フランシススタッフブログ
補助金について
薪ストーブと癒しの関係
計画停電対策
プロの煙突掃除
メディアリンク フランシス
オーナーズクラブ 薪ストーブ フランシス
地震が来たら点検をしましょう。
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引に関する法律

ログイン

このページのTOPへ
Google+Copyright(C)2011 fransis.jp All rights reserved.
このサイトに記載されているコンテンツの無断複製、無断転載を禁じます。